犬とは何か

犬とは何か
論は検索で見つけ、興味深く拝読した。

生後一週間足らずの赤子は、この世のものともつかないとか。あの世から守りこの世へ連れてくるのが、犬。

あの世へ旅する道中、襲い掛かってくるのも、犬。それを防ぐために、糖質だったか食べ物を少し持たせる習わしがある。

そして、これらの生死に関わる役割は、ユーラシア大陸だったか、世界に通じると。

かえって日本の神話においては、単純な扱いがもっぱら。道案内の使者とされる例はあれども、それは特異らしい。

こういうわけで、絵はどうしよう。そんな年末。